年金をもらいながら働くには?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金をもらいながら働くには?

 

60歳以降年金をもらいながら働くことは可能です。年金請求書が届いたけど、60歳以降もまだ働くんだけど請求できるの?という質問がよくあります。

 

年金は受給権があって、受給権発生日以降(60歳から受給開始なら60歳の誕生日の前日以降)であれば、働いていても年金の手続きは可能です。

 

ただし、厚生年金に加入しながら働く場合は給料の金額によって年金が減額になったり停止になったりすることがあります。

 

あとは、ハローワークから失業給付を受けたりすると年金が停止になります。

 

厚生年金加入しないで働けば給料もらいながら年金を受け取っていても年金が減額になったり停止になったりすることはありません。

 

たとえば、不動産の収入があるとか、株の配当金があるとか、厚生年金に加入しないでアルバイトをするとか、そういった場合は年金の受給額にとくに影響はありません。

 

65歳以降になると、厚生年金に加入していて給料がいくら高くても老齢基礎年金は減額になりません。

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運