昭和24年4月2日以降生まれ厚年20年以上の夫の妻で年上女房のいきなり振替加算とは?|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

昭和24年4月2日以降生まれ厚年20年以上の夫の妻で年上女房のいきなり振替加算とは?

 

夫:厚年20年以上、昭和24年9月9日生まれ
妻:厚生年金2年、昭和24年12月12日生まれ

 

上記の場合は、夫には加給年金はつかないが、妻には夫が65歳になると振替加算が加算されます。
年金受給手続のときに戸籍謄本、世帯全員の住民票、妻の所得証明を提出している場合は、夫が65歳になったときに、妻に振替加算の勧奨はがきが届きます。

 

振替加算の手続きは夫の65歳の誕生寺の前日以降に必要な書類を用意して手続きを行うことができます。

 

上記の例の場合は、平成26年10月分以降の老齢基礎年金に振替加算が加算されます。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運