厚生年金|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

厚生年金記事一覧

厚生年金保険法 目的

厚生年金保険法 目的厚生年金保険法は、工場の男性労働者を対象として昭和16年に制定(昭和17年から施行)された労働者年金保険法を、女性及び一般職員も対象とする被用者年金制度として、昭和19年に全面改正する形で成立した法律です。厚生年金保険法の目的として、厚生年金保険法は、労働者の老齢、障害、死亡につ...

≫続きを読む

厚生年金保険事業の財政

厚生年金保険事業の財政財政の均衡厚生年金保険事業の財政は、長期的にその均衡が保たれるものでなければならず、著しくその均衡を失すると見込まれる場合には、速やかに所要の措置が講ぜられなければならない。とされています。財政の現況及び見通しの作成政府は、少なくとも5年ごとに、次の内容の財政の現況及び見通しを...

≫続きを読む

一括適用事業所

一括適用事業所2以上の適用事業所(船舶を除く)の事業主が同一である場合には、当該事業主は、厚生労働大臣の承認を受けて、当該2以上の事業所を一の適用事業所とすることができます。一方、2以上の船舶の船舶所有者が同一である場合には、当該2以上の船舶は、厚生労働大臣の承認を受けることなく、自動的に一の適用事...

≫続きを読む

65歳以降の老齢厚生年金の繰下げ制度

65歳以降の老齢厚生年金の繰下げ制度昭和17年4月2日以降生まれの方は老齢厚生年金の繰下げをすることができます。本来支給の老齢厚生年金の支給開始は65歳からですが、66歳から70歳まで間に繰下げの手続きをすることによって増額された年金を受給することができます。65歳未満の特別支給の老齢厚生年金を受給...

≫続きを読む

厚生年金保険法 被保険者の資格の得喪

厚生年金保険法 被保険者の資格の得喪資格取得の時期当然被保険者は、次のいずれかの日に、被保険者の資格を取得します。1、適用事業所(強制適用事業所又は任意適用事業所)に使用されるに至った日2、使用される事業所が適用事業所となった日3、適用除外に該当しなくなった日資格取得届資格取得の届出は5日以内に、事...

≫続きを読む

厚生年金保険法 任意単独被保険者

厚生年金保険法 任意単独被保険者任意単独被保険者の要件適用事業所以外の事業所に使用される70歳未満の者(適用除外者を除く)は、厚生年金の認可を受けて、任意単独被保険者になることができます。ただし、当該認可を受けるには、その事業所の同意を得なければなりません。任意単独被保険者となることにつき、被保険者...

≫続きを読む

適用事業所に使用される高齢任意加入被保険者

適用事業所に使用される高齢任意加入被保険者資格取得の要件適用事業所に使用される70歳以上のものであって、老齢年金の受給権を有しないもの(適用除外者を除く)は、厚生労働大臣に申し出て、高齢任意加入被保険者となることができます。なお、適用事業所に使用される高齢任意加入被保険者の場合は、事業主が保険料の半...

≫続きを読む

任意継続被保険者(第4種被保険者)

任意継続被保険者(第4種被保険者)昭和60年改定前の旧厚生年金保険法においては、10年以上の加入期間を有する人には、退職後も任意加入被保険者(第4種被保険者)として、旧老齢年金の受給資格期間(原則20年)を満たすまで加入することを認めていました。この第4種被保険者制度は、昭和60年の法改正によって廃...

≫続きを読む

厚生年金保険法 被保険者の種別

厚生年金保険法 被保険者の種別1、第1種被保険者→345以外の男子2、第2種被保険者→345以外の女子3、第3種被保険者→45以外の坑内員、船員4、第4種被保険者→5以外の任意継続被保険者5、船員任意継続被保険者→船員であった任意継続被保険者被保険者等に関するその他の届出2以上の事業所に使用される者...

≫続きを読む

厚生年金保険法 氏名変更届

厚生年金保険法 氏名変更届一般の被保険者の場合被保険者(適用事業所に使用される高齢任意加入被保険者及び第4種被保険者を除く)は、その氏名を変更したとき、速やかに、変更後の氏名を事業主に申し出るとともに、年金手帳を事業主に提出しなければなりません。一方、当該申出を受けた事業主(船舶所有者を除きます。)...

≫続きを読む

厚生年金保険法 期間計算 種別変更

厚生年金保険法 期間計算 種別変更被保険者の種別に変更があった月は、変更後の種別の被保険者であった月とみなします。また、同一の月において、2回以上にわたり被保険者の種別に変更があったときは、その月は、最後の種別の被保険者であった月とみなします。基金加入期間の計算被保険者が厚生年金基金の加入員となった...

≫続きを読む

厚生年金保険法 資格得喪の確認

厚生年金保険法 資格得喪の確認確認の法則被保険者の資格の取得、喪失及び種別の変更は、原則として厚生労働大臣の確認によってその効力を生じますが、当該確認の方法は、次の3つになります。1、事業所の届出2、被保険者又は被保険者であった者の請求(いつでも可、口頭でも可)3、厚生労働大臣の職権確認を行わない場...

≫続きを読む

厚生年金保険法 費用の負担

厚生年金保険法 費用の負担厚生年金保険法 報酬及び賞与厚生年金保険法の報酬及び賞与は健康保険法の場合とほぼ同様となります。報酬厚生年金保険法において報酬とは賃金、給料、俸給(ほうきゅう)、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのもの(臨時に受けるもの及び3...

≫続きを読む

厚生年金保険法 標準報酬月額の算定

厚生年金保険法 標準報酬月額の算定定時決定厚生労働大臣は、被保険者又は70歳以上被用者が毎年7月1日現に使用される事業所において同日前3月前(その事業所で継続して使用された期間に限るものとし、かつ、報酬支払の基礎となった日数が17日未満である月があるときは、その月を除く)に受けた報酬の総額をその期間...

≫続きを読む

厚生年金保険法 随時改定、育児休場等終了時改定

厚生年金保険法 随時改定厚生労働大臣は、被保険者又は70歳以上被用者が現に使用される事業所において継続した3月間(各月とも、報酬支払の基礎となった日数が、17日以上でなければなりません。)に受けた報酬の総額を3で除して得た額が、その者の標準報酬月額の基礎となった報酬月額に比べて、著しく高低を生じた場...

≫続きを読む

厚生年金保険法 算定の特例

厚生年金保険法 算定の特例被保険者又は70歳以上の被用者の標準月額が、定時改定、資格取得等時決定若しくは育児休業等終了時改定において算定することが困難であるとき、又は定時決定、資格取得等時決定、随時改定若しくは育児休業等終了時改定によって算定した額が著しく不当であるときは、厚生労働大臣が算定する額が...

≫続きを読む

厚生年金保険法 標準賞与額

厚生年金保険法 標準賞与額厚生労働大臣は、被保険者又は70歳以上被用者が賞与を受けた月において、その月に当該被保険者が受けた賞与額に基づき、これに1000円未満の端数を生じたときはこれを切り捨てて、その月における標準賞与額(70歳以上被用者の場合は標準賞与額に相当する額)を決定します。この場合におい...

≫続きを読む

厚生年金保険法 基金の加入員である被保険者の保険料率

厚生年金保険法 基金の加入員である被保険者の保険料率基金の加入員である被保険者の保険料率は、基金の加入員でない被保険者の保険料率から免除保険料率(代行保険料率に基づき、基金ごとに1000分の24から、1000分の50までの範囲内で厚生労働大臣が決定した率となります。)を控除して得た率となります。代行...

≫続きを読む

厚生年金保険法 納付期限

厚生年金保険法 納付期限毎月の保険料は、翌月末日(第4種被保険者はその月の10日)までに納付しなければならない。厚生年金保険法 前納第4種被保険者は、将来の一定期間の保険料を前納することができますが、その前納すべき額は、当該期間の各月の保険料の額から所定の額を控除した額(年4分の利率による福利現価法...

≫続きを読む

厚生年金保険法 督促 延滞金の徴収

厚生年金保険法 督促保険料その他厚生年金保険法の規定による徴収金を滞納する者があるときは、厚生労働大臣は、保険料を繰上徴収場合を除き、期限を指定して、これを督促しなければなりません。督促をする場合、厚生労働大臣は、納付義務者に対して、督促状を発するが、督促状により指定する期限は、督促状を発する日から...

≫続きを読む

厚生年金保険法 特別支給の老齢厚生年金

厚生年金保険法 特別支給の老齢厚生年金受給資格要件老齢厚生年金は、本来は65歳から支給され、これを本来支給の老齢厚生年金といいます。しかし、昭和36年4月1日(女子及び坑内員・船員の特例適用者は昭和41年4月1日)以前生まれの者については、65歳未満であっても、次のいずれにも該当するに至ったときは、...

≫続きを読む

厚生年金保険法 特別支給の老齢厚生年金 支給開始年齢の原則

厚生年金保険法 特別支給の老齢厚生年金 支給開始年齢の原則定額部分及び加給年金額が加算された特別支給の老齢厚生年金が60歳の当初から支給される場合昭和16年4月1日(昭和21年4月1日)以前生まれの者が対象です。60歳からは報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金が支給され、61歳より64歳の途中か...

≫続きを読む

厚生年金保険法 特別支給の老齢厚生年金 支給開始年齢の原則2

厚生年金保険法 特別支給の老齢厚生年金 支給開始年齢の原則260歳から65歳に達するまで報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金が支給される場合定額部分は支給されず、加給年金額も65歳から加算されるのは、昭和24年4月2日から昭和28年4月1日(女子は昭和29年4月2日から昭和33年4月1日)までの...

≫続きを読む

支給開始年齢の特例

支給開始年齢の特例障害者の特例次の要件を満たす報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金の受給権者は、次表の支給開始年齢(当該支給開始年齢以後65歳未満の間に当該受給要件に該当したときはそのとき)から、定額部分等が加算された特別支給の老齢厚生年金の支給を請求することができます。1、昭和16年4月2日以...

≫続きを読む

長期加入者の特例

長期加入者の特例次の要件を満たす報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金の受給権者には、次表の支給開始年齢(当該支給開始年齢以後65歳未満の間に当該受給要件に該当したときはそのとき)から、定額部分が加算された特別支給の老齢厚生年金が支給されます。1、昭和16年4月2日以後昭和36年4月1日(女子は昭...

≫続きを読む

坑内員・船員の特例

坑内員・船員の特例昭和41年4月1日以前に生まれた者で、坑内員たる被保険者であった期間と船員たる被保険者であった期間とを合算した期間(3分の4倍、5分の6倍しない実期間)が15年以上ある者については、次の支給開始年齢から、定額部分等が加算された特別支給の老齢厚生年金の老齢厚生年金が支給されます。

≫続きを読む

老齢厚生年金 年金額

老齢厚生年金 年金額定額部分等が加算された特別支給の老齢厚生年金=定額部分+報酬比例部分+加給年金額報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金=報酬比例部分定額部分の額定額単価            ×被保険者期間の月数1628×改定率×(1〜1.875)  (上限は原則480月)1、定額単価定額単価...

≫続きを読む

再評価率の改定率の改定

再評価率の改定率の改定調整期間終了後における再評価率の改定調整期間が終了した後における(将来の)再評価率(以下「新規裁定者の再評価率」)は原則として名目手取り賃金変動率を基準にして改定されることになります。ただし、受給権者が65歳に達した日の属する年度の初日に属する年の3年後の年の4月1日の属する年...

≫続きを読む

従前額の保障

従前額の保障原則的な額(本来水準)が下記の算式による額(平成12年改定前の従前額)を下回る場合には、当該従前額が、報酬比例部分の年金額となります。平均標準報酬月額・平均標準報酬額平均標準報酬月額又は平均標準報酬額は、新再評価率ではなく、平成6年再評価率{平成6年改定時(平成12年改正前)の再評価率}...

≫続きを読む

物価スライド特例措置による年金額の保障

物価スライド特例措置による年金額の保障原則的な額または従前額のいずれか高い方の額が、下記の算式による額(物価スライド特例措置による平成16年度価格相当額)を下回る場合には、当該物価スライド特例措置による額が、報酬比例部分の年金額となります。算式の詳細については従前額の場合と同様です。加給年金額支給要...

≫続きを読む

加給年金支給額

加給年金支給額加給年金額は原則として次の算式で求められます。224700円×改定率×(配偶者・1子・2子の数)+74900円×改定率×(3子以降の子の数)                          +特別加算=配偶者のある受給権者が昭和9年4月2日以後生まれのとき特別加算は、妻が65歳に達す...

≫続きを読む

加給年金 増額改定 減額改定

加給年金 増額改定受給権者がその権利を取得した当時等に胎児であった子が出生したときは、その子は、受給権者がその権利を取得した当時等にその者に生計を維持していた子とみなし、その出生の月の翌月から、年金額が改定されます。なお、これは、本来の老齢厚生年金においても同様です。加給年金 減額改定加給年金額の加...

≫続きを読む

被保険者(低在老)の年金額

被保険者(低在老)の年金額支給停止が行われない場合特別支給の老齢厚生年金の受給権者が被保険者である日が属する月(在職中)については、これから述べる65歳未満の在職老齢年金(低在老)の仕組みによる支給停止の対象になります。この支給停止は、本体部分(報酬比例部分及び定額部分)について行われ、加給年金額に...

≫続きを読む

年金額の改定

年金額の改定支給開始年齢の特例該当・不該当による改定報酬比例部分のみが支給されている特別支給の老齢厚生年金の受給権者が、すでに述べた支給開始年齢の特例(障害者・長期加入者の特例)に該当した場合には、定額部分等が加算されることになりますので、当該該当した(障害者の特例の場合は、請求した)月の翌月から、...

≫続きを読む

老齢基礎年金との調整

老齢基礎年金との調整定額部分等完全付与者の場合老齢基礎年金を繰り上げない場合昭和16年4月2日から昭和21年4月1日までの間に生まれた女子については、老齢基礎年金の支給を繰り上げない場合、60歳の当初から定額部分等が加算された特別支給の老齢厚生年金が支給され、65歳からは、本来の老齢厚生年金として、...

≫続きを読む

老齢基礎年金との調整2

老齢基礎年金との調整2報酬比例部分等中途付与者の場合生年月日に応じ61歳から64歳の途中から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金(ただし、障害者・長期加入者の特例又は坑内員・船員の特例に該当したことにより、定額部分等が加算されたものも含みます。)を受けることができる者は、当該特別支給の老齢厚生年...

≫続きを読む

失業等給付との調整

失業等給付との調整特別支給の老齢厚生年金については、雇用保険法による基本手当及び高年齢雇用継続給付との併給調整が行われます。基本手当との調整調整対象期間特別支給の老齢厚生年金は、次の1、の月から2、の月までの各月において、その支給が停止されます。1、基本手当の受給資格者でもある特別支給の老齢厚生年金...

≫続きを読む

高年齢雇用継続給付との調整

高年齢雇用継続給付との調整特別支給の老齢厚生年金の受給権者が、雇用保険法による高年齢雇用継続給付(高年齢雇用継続給付金又は高年齢再就職給付金)を受けることができるときは、在職老齢年金の仕組み(低在老)により支給調整された老齢厚生年金について、さらに次の額(調整額)が支給停止されます。1、標準報酬月額...

≫続きを読む

本来の老齢厚生年金

本来の老齢厚生年金受給資格要件1、65歳以上であること2、1月以上の厚生年金保険の被保険者期間があること3、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていること特別支給の老齢厚生年金は厚生年金保険の被保険者期間が1年以上必要である。特別支給の老齢厚生年金を受給していた者であっても、本来の老齢厚生年金を受給す...

≫続きを読む

本来の老齢厚生年金 支給開始年齢

本来の老齢厚生年金 支給開始年齢支給の繰上げ支給繰上げの要件次のすべての要件を満たす者は、65歳に達する前に、厚生労働大臣に老齢厚生年金の支給繰上げの請求をすることができます。1、60歳以上65歳未満であること2、1月以上の厚生年金保険の被保険者期間を有すること3、当該請求の日の前日において、老齢厚...

≫続きを読む

厚生年金保険法 脱退一時金

厚生年金保険法 脱退一時金支給要件厚生年金保険の被保険者期間が6月以上である日本国籍を有しない者(国民年金の被保険者でないものに限る)は、次のすべての要件を満たすときには、脱退一時金を請求することができます。1、老齢厚生年金の受給資格期間を満たしていないこと2、日本国内に住所を有しないこと3、障害厚...

≫続きを読む

厚生年金保険法 給付通則及び基金等

厚生年金保険法 給付通則及び基金等加給年金額等の改定原則としての加給年金額等厚生年金保険の報酬比例部分等は、原則として再評価率を改定することにより、毎年度改定されますが、それ以外の加給年金等については、原則として改定率を改定することにより、毎年度改定される仕組みになっています。定額部分の額1628円...

≫続きを読む

厚生年金保険法 保険給付の端数処理

厚生年金保険法 保険給付の端数処理保険給付を受ける権利を裁定する場合又は保険給付の額を改定する場合において、保険給付の額に50円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときは、これを100円に切り上げるものとする。とされています。国民年金法においては、年金額につ...

≫続きを読む

未支給の保険給付

未支給の保険給付請求権者保険給付の受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき保険給付でまだその者に支給しなかったものがあるときは、その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹等であって、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものは、自己の名で、その未支給の保険給付の支給を...

≫続きを読む

厚生年金保険法 併給調整

厚生年金保険法 併給調整併給されない場合すでに国民年金法で述べたのと同様になります。つまり、厚生年金保険法による年金給付は、その受給権者が厚生年金保険法による他の年金給付又は国民年金法による年金給付を受けることができるときは、それらの年金給付が、同一の支給事由に基づいて支給される厚生年金保険法による...

≫続きを読む

厚生年金保険法 給付制限

厚生年金保険法 給付制限相対的給付制限被保険者又は被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為若しくは重大な過失により、又は正当な理由がなくて療養に関する指示に従わないことにより、障害若しくは死亡若しくはこれらの原因となった事故を生ぜしめ、若しくはその障害の程度を増進させ、又はその回復を妨げたときは、...

≫続きを読む

厚生年金保険法 一時差止め

厚生年金保険法 一時差止め受給権者が正当な理由がなくて、法定の届出をせず、又は書類その他の物件を提出しないときは、保険給付の支払を一時差し止めることができる。とされています。届出義務違反→支払の一時差止老齢厚生年金、障害厚生年金又は遺族厚生年金の支払の一時差止めをする場合は、受給権者が正当な理由がな...

≫続きを読む

離婚分割 請求すべき按分割合の範囲

離婚分割 請求すべき按分割合の範囲離婚分割の請求における按分割合は、次の範囲内で定めなければなりません。1、按分割合の上限については、50%まで(分割後における第2号改定者の持分は第1号改定者の持分を超えないもの)とする。2、按分割合の下限については、両当事者の対象期間標準報酬総額の合計額に対する第...

≫続きを読む

離婚分割 離婚時みなし被保険者期間の扱い

離婚分割 離婚時みなし被保険者期間の扱い離婚分割においては、対象期間のうち第1号改定者の(厚生年金保険の)被保険者期間えあって第2号改定者の(厚生年金保険の)被保険者期間であったものとみなされます。このみなし被保険者期間のことを離婚時みなし被保険者期間といいますが、一般の被保険者期間とは異なり、次の...

≫続きを読む

3号分割 用語の説明

3号分割 用語の説明用語説明被扶養配偶者特定被保険者の配偶者として国民年金の第3号被保険者に該当していた者特定被保険者被保険者であった期間中に被扶養配偶者を有していた被保険者又は被保険者であった者離婚等離婚分割の場合と基本的には同様であるが、3号分割の場合は、特定被保険者が行方不明になって3年が経過...

≫続きを読む

3号分割の効果、離婚分割との関係

3号分割の効果年金額の改定老齢厚生年金の受給権者、及び障害厚生年金の受給権者である被扶養配偶者について、3号分割が行われたときは、3号分割が行われたときは、3号分割による改定及び決定後の標準報酬を当該年金の額の計算の基礎として、当該3号分割の請求のあった日の属する月の翌月から、年金の額が改定されます...

≫続きを読む

厚生年金基金 業務の委託

厚生年金基金 業務の委託基金は、その業務(加入員又は加入員であった者に年金たる給付又は一時金たる給付の支給を行うために必要となるその者に関する情報の収集、整理又は分析を含みます。)の一部を、信託会社、信託業務を営む金融機関、生命保険会社、農業協同組合連合会(全国を地区とし、生命共済の事業を行うものに...

≫続きを読む

厚生年金基金の解散

厚生年金基金の解散厚生年金基金は、次の理由により解散します。ただし、基金は、@又はAの理由により解散しようとするときは、厚生労働大臣の認可を受けなければなりません。@代議員の定数の4分の3以上の多数による代議員会の議決A基金の事業の継続の不能B厚生労働大臣の解散の命令なお、基金は、解散したときは、当...

≫続きを読む

厚生年金基金 額の算定

厚生年金基金 額の算定基金が支給する老齢年金給付は、加入員の標準給与及び加入員であった期間に基づいてその額が算定されるものでなければならない。とされており、老齢年金給付の額の算定基礎となる標準給与の額(以下「基準標準給与額」)は、次のいずれかに該当するものでなければなりません。ただし、加入員であった...

≫続きを読む

厚生年金基金 掛金

厚生年金基金 掛金掛金の徴収基金は、基金が支給する年金たる給付及び一時金たる給付に関する事業に要する費用に充てるため、老齢年金給付の額の計算の基礎となる各月につき、加入員の標準給与の額を標準として算定する掛金を徴収します。掛金の額の算定法は、加入員の標準給与の額に一定の率を乗ずる方法、又は加入員の標...

≫続きを読む

厚生年金基金 中途脱退者に係る措置

厚生年金基金 中途脱退者に係る措置基金は、連合会に申し出て、中途脱退者の当該基金の加入員であった期間に係る老齢年金給付の支給に関する義務を連合会に移転することができます。連合会は当該義務の移転の申出があったときは、これを拒絶してはなりません。中途脱退者の基金の加入員であった期間に係る老齢年金給付の支...

≫続きを読む

保険料等に関する不服申立て

保険料等に関する不服申立て保険料その他厚生年金保険法の規定による徴収金の賦課(ふか)若しくは徴収の処分又は滞納処分に不服がある者は、社会保険審査会に対して審査請求をすることができます。なお、当該審査請求の請求期間は、社会保険審査官に対する審査請求の場合と同様です。訴訟との関係被保険者の資格、標準報酬...

≫続きを読む

厚生年金保険法 資料の提供

厚生年金保険法 資料の提供厚生労働大臣は、被保険者の資格、標準報酬又は保険料に関し必要があると認めるときは、官公署に対し、法人の事業所の名称、所在地その他必要な資料の提供を求めることができます。年金保険者たる共済組合等は、年金保険者たる共済組合等を所管する大臣を経由して、標準報酬等平均額の算定のため...

≫続きを読む

基本手当と年金

基本手当と年金失業したときの給付退職して失業状態(働く意思と能力があるにもかかわらず、職業につくことができないことをいいます。)にある人に、給食活動をする間支給されるのが雇用保険の求職者給付です。求職者給付の主なものは、失業給付といわれる基本手当で、離職の日以前の2年(1年)間に雇用保険の被保険者期...

≫続きを読む

失業給付は求職者への給付

失業給付は求職者への給付65歳未満で退職した場合、雇用保険の算定基礎期間と年齢に応じて離職前の賃金日額の5割程度の失業給付(基本手当)が支給されます。失業給付は、働く意思と能力があるにもかかわらず職業に就くことができない人に対して再就職までの経済的支援をするための給付です。雇用保険の基本手当を受けて...

≫続きを読む

企業年金制度の概要

企業年金制度の概要企業年金制度の形態は、確定給付型と確定拠出型の2種類に分かれます。本格的な高齢社会の到来を見据えて、企業年金加入者の受給権保護を図るための見直しが行われ、平成14年4月に確定給付企業年金法が施工されました。その一方で、加入者本人が年金資産を運用し、その運用結果次第で将来の受給額が変...

≫続きを読む

平成26年度年金改正 特別支給の老齢厚生年金に係る障害者特例の支給開始時期の改善

平成26年度年金改正 特別支給の老齢厚生年金に係る障害者特例の支給開始時期の改善これまでは、障害等級の1級から3級に該当している方は、本人からの請求があれば、請求の翌月から特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給されていました。平成26年4月からは、障害年金を受給できる方であれば、特別支給の老齢厚生年...

≫続きを読む

老齢厚生年金には実は2種類ある

老齢厚生年金には実は2種類ある老齢厚生年金は厚生年金から支給される老齢給付のことですが、老齢厚生年金のなかには、1、60歳代前半の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金または報酬比例部分相当額)2、65歳からの本来の老齢厚生年金の2つがあります。老齢厚生年金は、保険料を納めてきた期間と給与・賞与によっ...

≫続きを読む

在職中の年金(60歳代前半) 在職老齢年金とは?

在職中の年金(60歳代前半) 在職老齢年金とは?年金改正における在職老齢年金の変更60歳以上65歳未満で老齢厚生年金の受給権のある方が、厚生年金保険被保険者として就労する場合、年金の一部または全部が支給停止されます。これを在職老齢年金といいます。平成6年年金改正では、それまでは給与が増えても年金の合...

≫続きを読む

失業給付 事後精算について

失業給付 事後精算について調整対象期間中において失業給付を受けた日とみなされる日やこれに準ずる日が1日でもある月については特別支給の老齢厚生年金が支給停止されることになりますが、同じ日数分の失業給付を受給した場合でも、人によって年金の支給停止月数が異なるという不公平なケースが生じます。このため、失業...

≫続きを読む

老齢厚生年金と高年齢雇用継続給付

老齢厚生年金と高年齢雇用継続給付高年齢雇用継続給付は、雇用保険に5年以上入っていた方が失業給付を受けずに会社に勤めることが前提で、賃金額が60歳到達時に比べて75%未満に減額された60歳以上65歳未満の在職者に支給されます。60歳台前半の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)を受けられる場合、給与と...

≫続きを読む

年金をもらいながらアルバイトをすると減額されるって本当?

年金をもらいながらアルバイトをすると減額されるって本当?年金をもらいながら働くと年金がカットされるって聞いたんですが本当ですか?年金をもらいながらアルバイトをした場合、たしかに年金が減額されることはあります。年金が全額停止になる人もいます。それは、厚生年金に加入しながら働いた場合のことです。厚生年金...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書