年金以外でお金を増やす方法 今スポーツクラブが50代60代に大流行 スポーツクラブも株主優待で安く利用する方法とは? | 役に立つ 年金知識が満載 国民年金・厚生年金・老齢年金・障害年金・遺族年金・年金アドバイザー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金以外でお金を増やす方法 今スポーツクラブが50代60代に大流行 スポーツクラブも株主優待で安く利用する方法とは?

 

今スポーツクラブが50代60代に流行っているそうです。
実は株主優待を利用すればスポーツクラブも優待でお得に利用できるのです。

 

ルネサンス (2378)
権利確定月3月 9月
955円 (14/7/31終値)

 

優待券
100株以上2枚
(以下100株ごとに2枚増)
500株以上10枚
(1)自社施設無料利用(1枚につき1名、対象年齢15歳以上)、施設利用時のレンタル用品一式(ウエア上下・タオル・シューズ)無料貸与
(2)1,000円以上の商品20%割引(1回の買物につき1枚利用可、一部商品除く)
(3)入会金無料(1枚につき何名でも入会可)
※1枚で(1)〜(3)のいずれか1つを利用可、一部施設除く

 

セントラルスポーツ (4801)
権利確定月3月 9月
1,653円 (14/7/31終値)

 

優待券
100株以上3枚
200株以上6枚
※全国の店舗(一部指導業務受託店舗除く)で、以下の優待内容をそれぞれ1枚ずつで利用可
(1)「セントラルフィットネスクラブ」等の施設入館無料(同伴1名まで可)
(2)各店舗の入会金無料
(3)合計1,050〜105,000円までのプロショップ定価販売商品20%割引
(4)体力測定(体脂肪測定含む)、個別トレーニングプログラム作成無料
(5)子供向け短期教室(水泳・体育)の受講料を50%割引
(6)ダイビングCカード取得講習料のうち学科・プール講習料(27,300円)を50%割引
(7)直営エステサロン「OCEAN SPA」のトリートメントコースを会員価格の20%割引(女性のみ。会員価格7,875円以上のコースが対象)
(8)「ダイエットプラス1」を一般価格および会員価格より各15%割引
(9)他社パッケージツアー(個人旅行)を定価の2〜5%割引および「ホノルルマラソン」、フィットネスツアー等の自社主催旅行を会員価格にて提供
※権利確定時点で300株以上保有し、かつ各店舗の個人会員を継続している株主に対しては会員株主優待券10枚。会員株主優待券は1枚につき上記(1)〜(9)に加えて有料プログラム(ペアストレッチ、スイムプライベートレッスン等)を無料で利用可。店舗により利用できない場合有
<発送時期>
3月株主:6月上旬

9月株主:12月上旬

 

東祥 (8920)
『ホリデイスポーツクラブ』運営。地方重点出店から都市部に進出へ。ホテル、賃貸住宅も併営
権利確定月3月 9月
2,031円 (14/7/31終値)

 

株主優待券
100株以上2枚
500株以上3枚
1,000株以上4枚
(1)500円相当のクオカード
(2)社会貢献活動への寄付(500円)
(3)自社スポーツクラブ入会金無料(1枚につき1名)
(4)同施設利用無料(1枚につき1名)
(5)同プロショップ販売商品20%割引(1,000円以上の買物につき1枚利用可、一部除外品有)
(6)自社ホテル宿泊料金10%割引
(7)自社ゴルフ練習場100球無料
(8)同プロショップ販売商品10%割引(一部除外品有)
※1枚で(1)〜(8)のいずれか1つを利用可

 

メガロス (2165)
権利確定月3月 9月
1,518円 (14/7/31終値)

 

優待券
100株以上3枚
200株以上6枚
300株以上10枚
(1)自社施設1日無料利用(1枚につき2名まで、スクールレッスン除く)、施設利用時のレンタルタオル無料貸与
(2)1,000円以上の商品20%割引(1回の買物につき1枚利用可、一部商品除く)
※1枚で(1)または(2)のいずれかを利用可

 

ジェイエスエス (6074)
スイミングスクール専業。関西軸に直営と受託で全国展開。ジュニアからの競泳選手育成に定評
権利確定月3月 9月
635円 (14/7/31終値)

 

優待券
100株以上1枚
200株以上2枚
300株以上3枚
(1)自社施設でのプログラム1回受講(1枚につき2名まで)(2)自社施設でのプライベートレッスン1回受講(1枚につき2名まで)(3)自社施設内ショップの商品20%割引(4)入会金無料(1枚につき何名でも入会可)
※1枚で(1)〜(4)のいずれか1つを利用可

 

株主優待凄腕優待ブロガーはコロワイド (7616)が好き

権利確定月3月 9月
1,365円 (14/7/31終値)

 

500株以上
株主優待ポイント20,000ポイント付与(10,000ポイント×2回)
<発行時期>
3月株主:6月、9月
9月株主:12月、翌年3月
※自社グループ店舗(一部除く)で利用可。1ポイントで1円相当
※希望の株主にはポイントに応じて優待商品(お米、和牛、焼き菓子詰合せ等)と交換可
※初回のみ株主優待カード送付

 

ポイント制というのが面白いですね。

 

株主優待は約1200もあり、桐谷さんは食事や洋服、バック、映画やスポーツジムなどの趣味、生活のほとんどを優待で賄っているそうです。

 

優待は一足先に新製品が手に入ったり、株主限定ビールなどの限定品があったりする。
QUOカードやお米券、図書カードなどもあります。
QUOカードなどは有効期限を気にしなくて済むのでよいかも。
あとは株主優待は株価の動きが読みやすいので初心者向きといえます。
私は最初配当金のお知らせが届くのが楽しみで株を所持していました。
優待は自分が必要なものでかつ、会社の業績などをチェックしてから買った方がいいと思います。
雑誌に載っている優待は結構人気があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運