ねんきん定期便で老後資金の準備は自分の年金額の確認から始めよう|年金のことなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ねんきん定期便で老後資金の準備は自分の年金額の確認から始めよう

 

年金額の改定などによる減額や支給開始年齢の引き上げなど不安の残る年金だが、老後生活を支える最大の柱であることに変わりはない。だが、自分の年金の記録や予定額に無頓着な人は多い。自分の年金の状況を確認する方法を紹介する。

 

ねんきん定期便は毎年誕生日の月に送付される。ねんきん定期便には年金見込額というのが表示されている。

 

ねんきん定期便の年金見込額は50歳未満と50歳以上で異なる。
50歳未満の場合はこれまでの加入実績に応じた年金額を記載しており、今保険料の支払いをやめたときの受け取る年金額がわかる。
50歳以上の場合は60歳まで現在の状態が継続したとしての老齢年金の見込み額を記載している。

 

ねんきん定期便は35歳、45歳、59歳のときには全期間の記録が封書で届く。全期間の履歴がのっているので、漏れや誤りがあるかとか、支払い実績、加入歴、年金未加入期間などが確認できる。
それ以外の年齢の人にははがき形式の直近1年分の記録が届く。受け取る年金額のベースとなる月収額、ボーナスの金額などが確認できる。
はがきに記載されているアクセスキーでねんきんネットに登録し、ログインすればインターネットで年金記録の確認ができる。

 

ねんきんネットを活用すればいつでもネットで年金記録の確認ができる

 

ねんきん定期便のはがきで確認できなかった加入記録がすべて確認できる。
未納なら現在の後納制度を利用して過去10年間の未納分を納付でき(通常は過去2年分)、年金額を増やしたり、受給資格を満たしたりできる。
記憶にない未加入期間についてはもれとかあやまりではないかどうか確認する。

 

50歳未満の人も受け取る年金額をシミュレートできる。
ねんきん定期便を手元に用意して、ねんきんネットで見込み額試算。

 

入力する内容
成人してから現在までの標準報酬月額
(ねんきん定期便に記載されている。不明な場合は年収÷12で代替)
現在から定年までの予想される平均月収

 

わかること
想定した収入を将来得られた場合に受け取る年金額
繰上げ、または繰下げ受給した場合の受け取る年金額
未納分を後納した場合の受け取る年金額

 

定期便や預金通帳と同じ!年に1度は確認しよう
消えた年金問題では5095万件の記録が消え、まだ2200万件が未解明のままだ。そのためにねんきん定期便が誕生した。
毎年誕生月にはがきが届き、これまでの加入月数と直近1年間の納付実績がわかる。
節目となる35歳、45歳、59歳には成人してからの全納付実績が記された封書が届く。

 

消えた年金の被害者は9人に1人と他人事ではない。
しかも年金は受取額が累計で数千万円になる高額財産。大金を預けた通帳と同じなので定期便は必ず目を通そう。

 

ねんきん定期便には年金見込額が記載されている。50歳以上の人は60歳まで現在の状態が継続したとしての年金額が記載される。
50歳未満の人には今現在の年金額が記載される。
ねんきんネットでは全期間の記録が確認できる。
年金見込額もシミュレーションもできる。ただし、マクロ経済スライドなど将来の減額を設定できない。あくまでも年金見込額なので目安として考える必要がある。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運