平成26年度公的年金改正のポイント| 平成26年度公的年金改正のポイントについて学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

平成26年度公的年金改正のポイント記事一覧

平成26年度公的年金改正のポイント 平成26年度 国民年金保険料は?

平成26年度公的年金改正のポイント 平成26年度 国民年金保険料は?平成26年度国民年金保険料h月額15250円です。国民年金保険料は平成17年度から平成29年度まで月額16900円(平成16年度価格)になるまで引き上げられ、その後、固定されます。国民年金保険料額平成24年度 14980円平成25年...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 遺族基礎年金が父子家庭にも支給されるようにな...

平成26年度公的年金改正のポイント 遺族基礎年金が父子家庭にも支給されるようになりました対象となる方配偶者に生計を維持されていた子のある夫これまでは、国民年金に加入していた夫が死亡した場合は、その方に生計を維持されていた「子のある妻」または「子」に遺族基礎年金が支給されていました。平成26年4月から...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 未支給年金の請求範囲が3親等以内の親族に拡大...

平成26年度公的年金改正のポイント 未支給年金の請求範囲が3親等以内の親族に拡大されました年金は死亡した月の分まで受け取ることができますが、亡くなった方がまだ受け取っていなかった年金を生計を同じくする遺族が受け取ることができます。これを未支給年金といいます。これまでは、未支給年金を請求できる遺族の範...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 老齢年金の繰下げの見直し

平成26年度公的年金改正のポイント 老齢年金の繰下げの見直しこれまでは、70歳を過ぎて老齢基礎年金の繰下げ支給の申出を行った場合は、申出のあった翌月分以降からしか年金が支給されませんでした。平成26年4月からは、70歳を過ぎて繰下げ支給の申出をした場合でも、70歳時点で申出があったものとみなし、70...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 障害年金の額改定請求の待期期間の一部緩和

平成26年度公的年金改正のポイント 障害年金の額改定請求の待期期間の一部緩和これまでは、障害年金を受給している方の障害の程度が重くなったときの額改定請求いついては、1年の待期期間を経た後でなければできませんでした。平成26年4月からは、明らかに障害の程度が増進したことを確認できる場合には、1年を待た...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 国民年金保険料の2年前納が可能に

平成26年度公的年金改正のポイント 国民年金保険料の2年前納が可能に口座振替で2年前納を希望される方は平成26年4月末の口座振替分から、割引額の大きい2年前納が追加されました。2年前納しても、途中で厚生年金に加入した場合は、国民年金が還付されます。手続が2月末に間に合わなかった場合は、1年間は通常の...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 付加保険料の納付期間が延長されました

平成26年度公的年金改正のポイント 付加保険料の納付期間が延長されましたこれまでは、付加保険料は納付期限(翌月末日)までに納めないと、加入を辞退したとみなされ、その後は納めることができませんでした。平成26年4月からは、付加保険料も定額保険料と同じように、納付期限から2年以内であれば納めることができ...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 任意加入中の未納期間が、合算対象期間に算入さ...

平成26年度公的年金改正のポイント 任意加入中の未納期間が、合算対象期間に算入されるようになりました対象となる方20歳から60歳になるまでの間で、国民年金に任意加入した期間に、保険料の未納がある方これまでは、任意加入被保険者が保険料を納めなかった期間は未納期間として扱われ、受給資格期間に算入されませ...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 保険料の免除等申請期間が見直されました

平成26年度公的年金改正のポイント 保険料の免除等申請期間が見直されました保険料免除などの申請可能期間が拡大されましたこれまでは、保険料免除・若年者納付猶予の申請は直近の7月まで、学生納付特例の申請は直近の4月まで、さかのぼって申請できました。平成26年4月からは、申請日より、原則2年1か月前までさ...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 失業などの特例免除の対象期間も拡大されました

平成26年度公的年金改正のポイント 失業などの特例免除の対象期間も拡大されました災害や失業等を理由とした免除(特例免除といいます)は、災害や失業等の事由が発生した日の前月から審査の対象となっています。これまでは、申請日の前年度4月以降に失業等の事由が発生していることが申請の条件となっていました。平成...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 特別支給の老齢厚生年金に係る障害者特例の支給...

平成26年度公的年金改正のポイント 特別支給の老齢厚生年金に係る障害者特例の支給開始時期の改善これまでは、障害等級の1級から3級に該当している方は、本人からの請求があれば、請求の翌月から特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給(障害者特例)されていました。平成26年4月からは、障害年金を受給できる方で...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 産前産後休業期間中の保険料免除及び従前標準報...

平成26年度公的年金改正のポイント 産前産後休業期間中の保険料免除及び従前標準報酬月額の特例●産前産後休業期間中の保険料免除産前産後休業期間中(産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間)の保険料が免除されます。免除になるのは、平成26...

≫続きを読む

平成26年度公的年金改正のポイント 年金受給者が所在不明となった場合に届出が必要...

平成26年度公的年金改正のポイント 年金受給者が所在不明となった場合に届出が必要となります年金受給者が所在不明となって1か月以上経過した場合、世帯員(住民票上の世帯が同一の方)は所在不明である旨を届出する必要があります。生存確認ができない場合は、年金の支払いが一時差し止められます。

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書