このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金制度記事一覧

妻が夫の厚生年金を分割してもらうとき、年金分割はどのようにして行われるか?

妻が夫の厚生年金を分割してもらうとき、年金分割はどのようにして行われるか?妻の結婚期間に、厚生年金と国民年金が混ざっている場合、国民年金の期間も厚生年金に加入した期間とみなして分割します。ただし、年金の分割は報酬比例部分のみ分割します。国民年金の部分は分割されません。平成20年4月以降の妻の3号期間...

≫続きを読む

内縁関係でも加給年金や遺族年金の請求をすることができます

内縁関係でも加給年金や遺族年金の請求をすることができます内縁関係の方でも加給年金や遺族年金の請求をすることができます。ケースバイケースだとは思いますが、該当する可能性があれば年金事務所にご相談いただいたほうがよいと思います。

≫続きを読む

消費税10%と受給資格期間の関係とは?

消費税10%と受給資格期間の関係とは?消費税が10%に上がる時期に年金の受給資格期間が25年から10年に短縮する予定となっています。年金には受給資格期間というのがあり、受給資格期間を満たしていないと年金をかけていてもただの掛け捨てとなってしまいます。ただ、受給資格期間を現在の記録だけで満たしていなか...

≫続きを読む

離婚すると夫婦の年金を分割できるって本当?

離婚すると夫婦の年金を分割できるって本当?夫婦が離婚すると、夫婦で厚生年金を分割する年金分割という制度があります。離婚する前に年金を分割するといくらになるか年金事務所で試算することができます。考え方としては、婚姻期間中は夫婦で年金をおさめているというイメージなので、離婚をしたら分けるという考え方のよ...

≫続きを読む

平成26年4月以降の年金額改定前と改定後の老齢基礎年金の計算方法

平成26年4月以降の年金額改定前と改定後の老齢基礎年金の計算方法年金額改定前の老齢基礎年金:778500円778500円を0.968で割ると804235円割った数字804235円に0.961をかけると772869となるので、平成26年4月以降の老齢基礎年金の満額の年金額は772800となります。平成...

≫続きを読む

共済年金の加入者には職域加算という加算金があります

共済年金の加入者には職域加算という加算金があります会社員の人には老齢厚生年金という年金が支給されますが、国家公務員、地方公務員などの人には退職共済年金という年金が支給されます。退職共済年金には職域加算という老齢厚生年金にはない加算金が支給されます。離婚分割をする場合にも職域加算も計算に含まれます。

≫続きを読む

昭和29年4月21日生まれの男性が60歳から繰上げをする場合どうなるか?

昭和29年4月21日生まれの男性が60歳から繰上げをする場合どうなるか?昭和29年4月21日生まれの男性は平成26年4月21日で60歳になります。ただし、報酬比例部分の受給開始年齢は61歳からなので、60歳から年金を受給したい場合は繰上げをすることができます。老齢基礎年金を繰上げする場合、同時に老齢...

≫続きを読む

ボーナスから厚生年金の保険料を徴収するようになった理由は?

ボーナスから厚生年金の保険料を徴収するようになった理由は?ボーナスから厚生年金の保険料を徴収するようになった理由は、厚生年金の保険料を毎月の給料のみから徴収し、ボーナスから徴収しないとボーナスの多い人は厚生年金保険料の負担が軽くなります。そこで平成15年4月から給料とボーナスの合計額から厚生年金の保...

≫続きを読む

65歳未満の在職老齢年金の計算方法について

65歳未満の在職老齢年金の計算方法について65歳未満の在職老齢年金の計算方法は、お給料の1か月あたりの金額と、過去1年間のボーナスを12で割った金額と、年金の1か月あたりの金額の合計が28万円を超えた場合、超えた金額の半分の金額が年金から引かれます。たとえば、1か月の給料が25万円、過去1年間のボー...

≫続きを読む

老齢基礎年金を60歳で繰上げをした場合と65歳で繰上げをした場合いつ元が取れるの...

老齢基礎年金を60歳で繰上げをした場合と65歳で繰上げをした場合いつ元が取れるの?老齢基礎年金を60歳で繰上げをした場合と65歳で繰上げをした場合いつ元が取れるのかというと、受給総額が同額となるのは76歳と8か月のときとなります。老齢基礎年金と老齢厚生年金を全部繰上げ支給をしたとき、繰上げ支給をしな...

≫続きを読む

年金の受給資格が25年から10年に可決、いつから10年になるの?

年金の受給資格が25年から10年に可決、いつから10年になるの?年金の受給資格が25年から10年に可決、いつから10年になるのか?予定としては平成27円10月1日から。ただし消費税が10%になるタイミングで施工される予定です。同時期に厚生年金に公務員及び私学教職員も加入し、2階部分は厚生年金に統一す...

≫続きを読む

国民年金の繰上げの手続きをするにはどうすればいいですか?

国民年金の繰上げの手続きをするにはどうすればいいですか?国民年金の繰上げ受給の手続きをするには国民年金 老齢基礎年金支給繰上げ請求書で行います。この繰上げ請求書には様式第102号と様式第234号の2種類があります。様式第102号は年金請求と同時に繰上げをする場合に使います。様式第234号はすでに年金...

≫続きを読む

国民年金の繰下げ支給をした場合のデメリットとは?

国民年金の繰下げ支給をした場合のデメリットとは?国民年金の繰下げ支給をした場合のデメリットは1、振替加算は老齢基礎年金と同時に支給されますが、繰下げ支給をしても増額されません。2、65歳になって66歳になるまでの間は他の年金の受給権のある方は繰下げ請求はできません。3、66歳以後の待機中に他の年金の...

≫続きを読む

65歳未満で失業給付を受けている間は特別支給の老齢厚生年金は支給停止になります

65歳未満で失業給付を受けている間は特別支給の老齢厚生年金は支給停止になります60歳台前半の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)を受けられる方が、雇用保険の失業給付を受ける場合、求職の申し込みをした日の属する月の翌月から、失業給付の受給期間を満たした日(受給期間満了日の翌日)の属する月または所定給...

≫続きを読む

年金には時効の特例という制度がある

年金には時効の特例という制度がある加入記録に漏れがあって、あとから記録が追加になったり、訂正になった場合には時効の特例というのがあります。例えば現在年金受給中の人がいて、昔務めていた厚生年金1年分の記録が後から見つかった、そんな場合年金は時効が5年ですが、年金時効特例法というのがありまして、5年以上...

≫続きを読む

脱退一時金

国民年金の脱退一時金脱退一時金は平成7年4月1日に施行された制度で、第1号被保険者として6月以上保険料を納付した日本国籍を有しない人が、老齢基礎年金の受給資格期間を満たさずに出国した場合に、保険料の納付額に応じた一時金を支給する者です。脱退一時金は短期滞在の外国人の保険料の掛け捨てを防止することが目...

≫続きを読む

年金支給開始引き上げ 「選択制で75歳まで」検討 厚労相 一律には慎重姿勢

年金支給開始引き上げ 「選択制で75歳まで」検討 厚労相 一律には慎重姿勢MSN 産経ニュース田村憲久厚生労働相は11日のNHK番組で、公的年金の支給開始を選択制で70歳まで引き上げることができる制度について、75歳までの拡大を検討する考えを示した。「与党から75歳まで選択制で広げるという案が出され...

≫続きを読む

年金の仕組みをWebマンガで解説! 厚労省、「いっしょに検証! 公的年金」開設

年金の仕組みをWebマンガで解説! 厚労省、「いっしょに検証! 公的年金」開設厚生労働省のホームページで年金の仕組みを漫画でわかりやすく解説しているページを開設しました。厚生労働省は、本日、公的年金制度への理解を深めるためのホームページ「いっしょに検証!公的年金」を開設しましたので、お知らせします。...

≫続きを読む

年金制度等の歴史1

年金制度等の歴史1昭和17年 労働者年金保険法施行(常時10人以上の工業等の事業所に使用される男子労働者を対象)昭和19年 厚生年金保険法施行(常時15人以上の事業所に使用される労働者を対象)昭和29年 厚生年金保険法改正       ・定額部分+報酬比例部分という給付形態の採用       ・老齢...

≫続きを読む

年金制度等の歴史2

年金制度等の歴史2平成13年 確定拠出年金法施行(10月)平成14年 確定給付企業年金法施行       農林漁業団体職員共済組合の厚生年金保険への統合平成16年 年金制度改正       ・保険料水準固定方式の導入       ・厚生年金保険料率の引き上げ       ・マクロ経済スライドの創設 ...

≫続きを読む

☆年金の豆知識☆

☆年金の豆知識 年金についてのちょっとした情報についてメモをしているページ☆・年金の振り込みが過払いが発生したときは、次回以降の年金の振込額から過払い調整がされる。・65歳以降の老齢年金の請求手続きが遅れると遺族年金が過払いになってあとから調整されることがある。・ハローワークから失業給付や高年齢雇用...

≫続きを読む

年金と税金

年金と税金国や厚生年金基金、企業年金基金などから受ける老齢(退職)年金は、税法上、雑所得として扱われ、所得税や住民税がかかります。年金額などによっては、年金支払いの際、一定額の所得税が源泉徴収されますが、確定申告をすることにより還付される場合があります。老齢(退職)年金にかかる所得税国や基金等の老齢...

≫続きを読む

年金額とスライド

年金額とスライド平成26年4月から年金額は0.7%減額平成25年の対前年消費者物価指数は+0.4%となり、対前年度名目手取り賃金変動率は0.3%となりました。この結果物価変動率、名目手取り賃金変動率がともにプラスで、物価変動率が名目手取り賃金変動率を上回るという状態となり、新規裁定・既裁定ともに名目...

≫続きを読む

公的年金を受けるには 老齢年金の受給要件

公的年金を受けるには 老齢年金の受給要件自営業者などの第1号被保険者であった人には、国民年金から基礎年金が支給されます。第2号被保険者であった人には、国民年金からの基礎年金に加え、厚生年金保険からの厚生年金が併せて支給されます。これらの年金を受けるには受給資格期間を満たす必要があります。受給資格期間...

≫続きを読む

合算対象期間 相談事例

合算対象期間とは年金の受給資格期間が足りないときに期間だけ受給資格期間の計算に入れることができる期間です。年金額に反映されないためカラ期間といわれています。昭和61年4月1日以後の20歳未満及び60歳以後の第2号被保険者であった期間昭和36年4月1日から昭和61年3月31日までの下記期間@厚生年金保...

≫続きを読む

事務担当者の主な年金の手続き

事務担当者の主な年金の手続き被保険者の資格取得の手続き被保険者を使用することになったとき、事業主は、資格取得の日から5日以内に被保険者資格取得届を年金事務所または厚生年金基金、健康保険組合に提出します。被保険者となる人がすでに年金手帳を持っている場合は、事業主が届書に基礎年金番号や氏名などが正しく記...

≫続きを読む

65歳以降の老齢年金

65歳以降の老齢年金1階部分の一元化で定額部分を基礎年金に移行昭和60年の年金改正で、それまで分立していた厚生年金保険、公務員等の共済年金、自営業者等の国民年金の基礎的・生活保障的部分の給付が国民年金からの基礎年金に統一されました。従来の厚生年金保険の給付定額部分を新国民年金から老齢基礎年金に移行、...

≫続きを読む

社会保障・税一体改革に伴う年金制度改正

社会保障・税一体改革に伴う年金制度改正被用者年金制度一元化法被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部改正する法律平成24年8月10日成立・22日公布恩給期間にかかる追加費用の削減 施行日:平成25年8月1日恩給期間に関する給付が一律27%削減されます。ただし、減額率の上限を共済年金...

≫続きを読む

65歳以降 障害厚生年金1級と老齢厚生年金どっちが得

65歳以降 障害厚生年金1級と老齢厚生年金どっちが得障害者特例は65歳未満のときに厚生年金の加入者ではないこと、障害厚生年金の1級から3級の障害状態であることが条件となりますが、受給権発生以降65歳未満で該当すれば、その時点で定額部分、加給年金が加算されます。請求した月の翌月からの支給となっていまし...

≫続きを読む

内縁の妻や外国籍の妻も配偶者加給の対象になるか?

内縁の妻や外国籍の妻も配偶者加給の対象になるか?内縁の妻のとき、年金請求書と同時に提出する住民票に未届けの妻となっていれば問題ありません。しかし、同居人となっている場合は、内縁関係となっているときは、実情を明らかにする顛末書を年金請求書に添付します。外国籍の妻は、加給年金の対象となります。逆に厚生年...

≫続きを読む

年金請求手続きで本人厚生年金20年配偶者がいて、住民票の住所が違うが同居している...

年金請求手続きで本人厚生年金20年配偶者がいて、住民票の住所が違うが同居している場合の添付書類は?Q、61歳になりました、厚生年金20年以上の男性です。配偶者がいます。配偶者とは一緒に住んでいるのですが、住民票の住所が別になっています。そのときになにか特別な書類は必要ですか?A、本人が厚生年金20年...

≫続きを読む

繰上げ請求後に被保険者期間がある場合

繰上げ請求後に被保険者期間がある場合繰上げ請求をすると、繰上げ請求までの期間に基づいて年金額が計算されます。その後、特例支給開始年齢に達したときに繰上げ請求後の期間を含めた年金額に改定されます。さらに、特例支給開始年齢後に厚生年金の被保険者期間がある場合、退職後に退職時改定が行われ、繰上げ請求後の被...

≫続きを読む

65歳以上で厚生年金保険の被保険者の人の繰下げ

65歳以上で厚生年金保険の被保険者の人の繰下げ65歳以上で厚生年金保険の被保険者として在職し、在職老齢年金制度の支給調整が発生している人は、支給停止されなかった額のみを繰り下げることとなります。老齢基礎年金は老齢厚生年金とは別に、繰り下げることも繰り下げないこともできます。老齢基礎年金は在職中でも全...

≫続きを読む

事務担当者の年金の手続きについて 随時改定と月額変更届

事務担当者の年金の手続きについて 随時改定と月額変更届昇給や降給などにより、被保険者の報酬の額に大幅な変動があったときは、実態とかけ離れた状態になるため、実際に受ける報酬と標準報酬月額との間に隔たりがないよう、定時決定を待たずに報酬月額の変更届を行います。これを随時改定といい、その届出を月額変更届と...

≫続きを読む

国民年金法 権限の委任等

国民年金法 権限の委任等厚生労働大臣の権限に係る事務の一部は、日本年金機構(以下「機構」)に行わせるものとされている。なお、日本年金機構とは、社会保険庁の廃止に伴い、平成22年1月に新たに設立された公法人であり、厚生労働大臣の監督の下に、政府が管掌する厚生年金保険事業及び国民年金事業等の業務運営を担...

≫続きを読む

年金制度 沖縄の特例とは

年金制度 沖縄の特例とは 沖縄特例年金本土復帰前の沖縄の拠出制国民年金は、本土より9年遅れて昭和45年4月1日に発足しましたが、昭和47年5月15日に本土復帰し国民年金に統合されたことにより、大正15年4月2日から昭和25年4月1日までに生まれた人については、昭和36年4月1日(同日に20歳未満の人...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書