このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金 アドバイザー記事一覧

年金アドバイザー3級の合格率は?

年金アドバイザー3級の合格率は?年金アドバイザー3級の合格率はだいたい4割ぐらいなんだそうです。5択問題なので問題集をこなせば合格できる試験です。年金アドバイザー2級だと合格率は2割ぐらいのようです。これも問題集を繰り返しとけばなんとか合格できる試験です。銀行業務検定試験 年金アドバイザー3級問題解...

≫続きを読む

年金アドバイザー2級の勉強時間はどのくらいとればよいか?

年金アドバイザー2級の勉強時間はどのくらいとればよいか?年金アドバイザー2級の勉強時間は私の場合は試験を1月に申し込んでから問題集を買ってから勉強し始めました。1日2時間ぐらいで1か月半ぐらいやりました。試験直前の2日間ぐらいはまとめて6時間ぐらい勉強したと思います。問題集と年金相談の実務という本を...

≫続きを読む

年金アドバイザー2級の勉強方法について

年金アドバイザー2級の勉強方法について年金アドバイザー2級の私がやった勉強方法は、とにかく過去問題を何度も繰り返し解くこと、問題に関連する説明を日本年金機構のホームページのパンフレットで調べて何度もノートに書いて暗記しました。日本年金機構のホームページのパンフレットの説明文がわかりやすいです。障害年...

≫続きを読む

厚生年金の保険料について。育児休業中の保険料ってどうなるの?

厚生年金の保険料について。育児休業中の保険料ってどうなるの?育児休業中は厚生年金の保険料は事業主、本人共に免除になります。平成26年4月からは産前・産後休業中の厚生年金保険料も免除になりました。

≫続きを読む

厚生年金の保険料について

厚生年金の保険料について厚生年金の保険料は事業主と被保険者が折半で負担します

≫続きを読む

標準報酬月額の区分について

標準報酬月額の区分について標準報酬月額は30等級まで区分されている。下限が98000円、上限が62万円となっている。なお、健康保険の等級とは異なる。健康保険は47等級まで区分されており、下限は58000円、上限は121万円となっている。

≫続きを読む

標準報酬月額の対象となる報酬とは?

標準報酬月額の対象となる報酬とは?標準報酬の対象となる報酬とは、金銭、現物を問わず、被保険者が事業主から労働の対象として受けるすべてのものをいう。基本給のほか、通勤手当、残業手当、家族手当なども労働の対象であれば報酬となる。被保険者が同時に2か所以上の事業所に勤務し、2か所以上から報酬を得る場合には...

≫続きを読む

障害基礎年金の受給要件

障害基礎年金の受給要件とは?障害基礎年金は国民年金加入中に初診日のある病気・けがで障害1級または2級の状態になった時に支給されます。障害基礎年金は次の3つの要件をすべて満たした人に支給されます。1、国民年金に加入している間に初診日のある病気・けがで障害の状態になったこと2、障害認定日に1級または2級...

≫続きを読む

障害基礎年金と老齢厚生年金の併給

障害基礎年金と老齢厚生年金の併給平成18年4月より、65歳から障害基礎年金+老齢厚生年金という併給の選択ができるようになりました。

≫続きを読む

20歳前の障害による障害基礎年金

20歳前の障害による障害基礎年金初診日が20歳前にある時は、20歳になった時、または障害認定日が20歳以後の時は障害認定日に、障害等級1級または2級に該当する障害の状態であれば、障害基礎年金が支給される。20歳前の障害による障害基礎年金は、受給権者から保険料が納付されていないため、受給権者本人につい...

≫続きを読む

特別障害給付金とは?

特別障害給付金とは?国民年金制度が創設された当初は、学生やサラリーマンの妻などは任意加入であったため、年金に加入していないときに障害者となった場合は、障害基礎年金が支給されていない。そこで、特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律が平成16年12月に公布され、平成17年4月1日より特別障害...

≫続きを読む

年金アドバイザーの参考書は全部は読まずに過去問題を徹底研究すべし

年金アドバイザーの参考書は全部は読まずに過去問題を徹底研究すべし年金アドバイザー試験に限らず参考書は隅々までやる必要はないと私は思います。なぜなら年金アドバイザーの過去問題をやっていて参考書にでていても一度も出題されない個所と、毎年出題される個所があるからです。年金アドバイザーの参考書を電車の中で読...

≫続きを読む

銀行業務検定試験ホームページにて、7/15発売予定! 年金アドバイザー3級直前整...

銀行業務検定試験ホームページにて、7/15発売予定! 年金アドバイザー3級直前整理70      2014年10月・2015年3月受験用銀行業務検定試験「年金アドバイザー3級」を受験される方向けに要点だけを選び抜いた参考書。「効果的な学習方法のご紹介」用途に応じて使い分けることで学習効果がアップしま...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級問題解説集 2014年10月受験用 ホームページにて、7/1...

年金アドバイザー3級問題解説集 2014年10月受験用 ホームページにて、7/10発売予定! 書店では7月末発売予定!銀行業務検定協会 編A5判  320頁ISBN978-4-7668-5762-7 C2033価格:2,916円(税込)発行日:2014年7月31日概要最新の問題以外につきましては、各...

≫続きを読む

老齢基礎年金の合算対象期間

老齢基礎年金の合算対象期間@昭和36年4月以後の厚生年金保険の被保険者期間のうち、20歳未満と60歳以降の期間A厚生年金保険の脱退手当金を受けた期間のうち、昭和36年4月以後の期間(ただし、昭和61年4月から65歳に達するまでに保険料納付済期間(免除期間を含む)がある者に限られる)B昭和36年4月か...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 65歳未満の者に支給される老齢厚生年金と雇用保険の基本手当...

年金アドバイザー3級 65歳未満の者に支給される老齢厚生年金と雇用保険の基本手当の併給調整求職の申込みは、住所地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)で行う。求職の申込みをした月の翌月から基本手当の受給期間または所定給付日数が満了した月までの間、年金は支給停止される。基本手当が1日も支給されない月...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 障害基礎年金の仕組み

年金アドバイザー3級 障害基礎年金の仕組み障害基礎年金の受給要件国民年金加入中に初診日のある病気・けがで障害1級または2級の状態になったときに、障害基礎年金が支給される。障害基礎年金は、次の3つの要件すべてを満たした人に支給される。@国民年金に加入している間に初診日のある病気・けがで障害の状態になっ...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 老齢厚生年金の加給年金額

年金アドバイザー3級 老齢厚生年金の加給年金額配偶者加給年金額は、配偶者が65歳に達するまでの間加算される。厚生年金保険の被保険者期間が、原則として20年以上あることが要件とされる。配偶者の前年の年収が850万円以上である場合でも、4年後に定年により退職することが明らかであれば加算される。加給年金額...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 障害基礎年金について

年金アドバイザー3級 障害基礎年金について年金アドバイザー3級試験は全問5択で誤っているものを選択する問題が多い。問題を繰り返し解いて、ひっかけ問題に気を付ければなんとか合格できる試験である。参考書はすみずみまで読まないこと。参考書を隅々まで読むだけでは眠くなるだけ。問題を何度か解いてから読んでみる...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 障害厚生年金について

年金アドバイザー3級 障害厚生年金について障害等級1級または2級の障害厚生年金には、配偶者加給年金額が加算される。障害基礎年金には子の加算額が加算される。年金額計算の基礎となる被保険者期間には、障害認定日の属する月までの期間が算入される。障害厚生年金の年金額を計算する場合、20歳未満お厚生年金保険の...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 平成19年4月以後に受給権を取得した者の遺族厚生年金につい...

年金アドバイザー3級 平成19年4月以後に受給権を取得した者の遺族厚生年金について退職した者が、被保険者期間中に初診日がある傷病により初診日から5年以内に死亡したときに支給される。遺族厚生年金を受けることができる遺族は、被保険者または被保険者であった者の配偶者、子、父母、孫または祖父母である。夫につ...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 65歳以上の者に支給される年金給付の併給調整

年金アドバイザー3級 65歳以上の者に支給される年金給付の併給調整2つ以上の年金の受給権を同一人が取得した場合、本人の選択により、1つの年金を支給し他方の年金は支給停止して1人1年金を受けることを原則としている。この場合、被用者年金は基礎年金の上乗せ給付として位置づけ、老齢基礎年金と老齢厚生年金のよ...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 年金時効特例法

年金アドバイザー3級 年金時効特例法年金時効特例法は平成19年7月から実施されている。年金記録の訂正による年金の増額分は、5年の時効により消滅した分を含めて支給される。年金記録の訂正により年金の受給資格期間が満たされ、新たに年金が支給されることになった場合、5年の時効により消滅した分を含めて遡って支...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 確定拠出年金の個人型年金

年金アドバイザー3級 確定拠出年金の個人型年金年金資産の運用は、加入者が指図し、その結果に応じて年金額が決定される。個人ごとに年金資産が管理され、加入者は年金資産残高を知ることができる。国民年金の第1号被保険者の掛金の拠出限度額は、国民年金基金の掛金と合算して68000円である。国民年金保険料の未納...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 公的年金の税制

年金アドバイザー3級 公的年金の税制厚生年金保険、共済年金等の老齢および退職給付は、課税の対象となる。国民年金・厚生年金保険の年金給付のうち、障害および遺族給付は、非課税である。厚生年金基金の老齢給付は、課税の対象となる。確定拠出年金(個人型年金)の掛金は、小規模企業共済等掛金控除の対象となる。生命...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 遺族基礎年金の仕組み

年金アドバイザー3級 遺族基礎年金の仕組み遺族基礎年金は、死亡した者の範囲、保険料納付要件、遺族の範囲の3つの要件を満たした時に支給される。もしも家族の大黒柱に若い時に先立たれたら・・・こんなことがあったとき、国民年金加入中の死亡または老齢基礎年金を受ける資格期間(原則として25年)を満たした方が死...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み

年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み老齢基礎年金は国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間を含む)が25年以上ある方が、65歳から受けられるのが、老齢基礎年金です。65歳から受けるのが通常ですが、老齢基礎年金を早く受け取る繰上げ受給とか、老齢基礎年金を遅...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の振替加算

年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の振替加算夫が受給している配偶者加給が65歳でなくなり、代わりに妻に振替加算という加算金が加算されて年金が増えるといわれたのですが、振替加算ってなんですか?専業主婦が国民年金に強制加入することになったのは、昭和61年4月からです。昭和61年3月までは任意加入でした。...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 厚生年金の保険料

年金アドバイザー3級 厚生年金の保険料厚生年金保険料の費用負担厚生年金保険の保険料は、被保険者期間の計算の基礎となる各月につき、被保険者資格を取得した月から資格喪失日の属する月の前月分まで徴収される。保険料は、被保険者と事業主がそれぞれ折半で負担する。事業主は、使用する被保険者および自己負担する保険...

≫続きを読む

年金アドバイザー問題集書店

年金アドバイザー問題集取扱書店北海道札幌市 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店 011-223-1911三省堂書店 札幌店 011-209-5600紀伊国屋書店 札幌本店 011-231-2131丸善 北一条店 0166-26-1120小樽市 喜久屋書店 小樽店 0134-31-7077帯広市 ...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級 ラスト2日間の勉強法

年金アドバイザー3級 ラスト2日間の勉強法私が年金アドバイザー3級、2級に合格したときに、最後の2日間にやったことを思い出してみました。日曜日が試験なので前日の土曜日は1日勉強しました。年金アドバイザーの問題集を3回解きます。1か月半ぐらい勉強しているのでもうあきています。でも土曜日に3回解きます。...

≫続きを読む

年金アドバイザー3級問題解説集 2015年3月受験用 銀行業務検定協会 ホームペ...

年金アドバイザー3級問題解説集 2015年3月受験用 銀行業務検定協会 ホームページにて、11/19発売予定!年金アドバイザー3級問題解説集 2015年3月受験用 銀行業務検定協会 ホームページにて、11/19発売予定!の詳細はこちら銀行業務検定協会 編A5判  320頁ISBN978-4-7668...

≫続きを読む

年金アドバイザー2級問題解説集 2015年3月受験用 2014年11月29日発行

年金アドバイザー2級問題解説集 2015年3月受験用 2014年11月29日発行年金アドバイザー2級問題解説集 2015年3月受験用 2014年11月29日発行の詳細はこちら年金アドバイザー2級 2015年3月試験日2015年 3月 1日(日) 実施/申込期間 2015年 1月 7日(水) 〜 20...

≫続きを読む





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運 扶養親族等申告書