年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み|年金アドバイザー3級の試験対策なら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み

 

老齢基礎年金は国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間を含む)が25年以上ある方が、65歳から受けられるのが、老齢基礎年金です。
65歳から受けるのが通常ですが、老齢基礎年金を早く受け取る繰上げ受給とか、老齢基礎年金を遅く受け取る繰下げ受給というのもあります。
現在は受給資格期間は25年ですが、公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律が平成24年8月10日に成立し、同年8月22日に交付されました。この法律の予定としては、受給資格期間が25年から10年に短縮になる予定で、消費税の引き上げ時期に合わせて、平成27年10月に施行される予定です。ねんきん定期便にもそのような文章が記載されています。

 

年金を受けるために必要な期間とは

 

1、国民年金を納めた期間
2、国民年金保険料の免除(全額免除・4分の3免除、半額免除、4分の1免除)を受けた期間
3、若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間
4、合算対象期間
5、昭和36年4月以後の厚生年金の被保険者期間または共済組合の組合員期間
6、第3号被保険者であった期間

 

1〜6を合計して25年以上の期間が必要

 

合算対象期間(カラ期間)とは
老齢基礎年金を受けるための受給資格期間の300月に納付した月数などが足りないときに、年金額には反映されないが、受給資格期間の300月の中にカウントできる期間。

 

1、昭和36年4月から昭和61年3月までの間で厚生年金、共済組合加入者の配偶者で国民年金に任意加入しなかった期間(20歳から60歳までの期間に限る)
ちなみに、第3号被保険者の制度がはじまったのは昭和61年4月からで、サラリーマンの妻が国民年金に強制加入するようになったのも、昭和61年4月から。

 

2、昭和36年4月から平成3年3月までの間、学生で国民年金に任意加入しなかった期間(20歳から60歳までの期間に限る)。
学生が国民年金に強制加入するようになったのは平成3年4月から。学生納付特例は平成12年4月から。それ以前は学生でも免除申請ができた。

 

3、昭和36年4月以後、日本国籍の方が海外に居住していた期間(20歳から60歳までの期間に限る)。海外にいる期間は国民年金の任意加入をすることができる。

 

4、昭和36年4月以後の厚生年金の期間で脱退手当金を受けた期間(昭和61年4月以後に免除を含む保険料納付済期間を有する場合に限る)や共済組合の退職一時金を受けた期間。

 

5、昭和36年4月以後、厚生年金や共済年金に加入していた期間(20歳前と60歳以後の期間に限る)。

 

6、昭和36年4月から昭和61年3月までの間で厚生年金、共済組合加入者の配偶者で国民年金に任意加入したが、保険料を納めなかった期間(20歳から60歳までの期間に限る)。

 

7、昭和36年4月から平成3年3月までの間、学生で国民年金に任意加入したが保険料を納めなかった期間(20歳から60歳までの期間に限る)。

 

8、昭和61年4月以後、日本国籍の方が海外に居住していて、国民年金に任意加入したが、保険料を納めなかった期間(20歳から60歳までの期間に限る。)

 

9、昭和61年3月以前に、60歳になるまでに被保険者期間が25年にならないため、任意脱退の申出をして承認され、国民年金の被保険者にならなかった期間

 

10、昭和36年5月以後日本に帰化した人、永住許可を受けた外国籍を有する人などについて20歳以上60歳未満の間の在日期間のうち、国民年金の被保険者とならなかった昭和36年4月から昭和56年12月までの期間

 

11、昭和36年5月以後日本に帰化した人、永住許可を受けた外国籍を有する人などについて、20歳以上60歳未満の間の海外在住期間のうち、昭和36年4月から帰化により日本国籍を取得した日等の前日までの期間

 

などがあります。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の仕組み 関連ページ

年金アドバイザー3級の合格率は?
年金アドバイザー2級の勉強時間はどのくらいとればよいか?
年金アドバイザー2級の勉強方法について
厚生年金の保険料について。育児休業中の保険料ってどうなるの?
厚生年金の保険料について
標準報酬月額の区分について
標準報酬月額の対象となる報酬とは?
障害基礎年金の受給要件
障害基礎年金と老齢厚生年金の併給
20歳前の障害による障害基礎年金
特別障害給付金とは?
年金アドバイザーの参考書は全部は読まずに過去問題を徹底研究すべし
銀行業務検定試験ホームページにて、7/15発売予定! 年金アドバイザー3級直前整理70      2014年10月・2015年3月受験用
年金アドバイザー3級問題解説集 2014年10月受験用
老齢基礎年金の合算対象期間
年金アドバイザー3級 65歳未満の者に支給される老齢厚生年金と雇用保険の基本手当の併給調整
年金アドバイザー3級 障害基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢厚生年金の加給年金額
年金アドバイザー3級 障害基礎年金について
年金アドバイザー3級 障害厚生年金について
年金アドバイザー3級 平成19年4月以後に受給権を取得した者の遺族厚生年金について
年金アドバイザー3級 65歳以上の者に支給される年金給付の併給調整
年金アドバイザー3級 年金時効特例法
年金アドバイザー3級 確定拠出年金の個人型年金
年金アドバイザー3級 公的年金の税制
年金アドバイザー3級 遺族基礎年金の仕組み
年金アドバイザー3級 老齢基礎年金の振替加算
年金アドバイザー3級 厚生年金の保険料
年金アドバイザー問題集書店
年金アドバイザー3級 ラスト2日間の勉強法
年金アドバイザー3級問題解説集 2015年3月受験用 銀行業務検定協会 ホームページにて、11/19発売予定!
年金アドバイザー2級問題解説集 2015年3月受験用 2014年11月29日発行

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運