年金受給できますか?|年金受給について学ぶなら役に立つん年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

現在年金受給していませんが、年金を受給したいんですけど。。こういうケースの場合、年金受給できますか?

 

Q、現在66歳女性です。厚生年金125月加入しているのですが、受給資格期間に満たないので、年金受給していません。現在未加入です。未婚で、カラ期間はありません。

 

A、現在の年金制度では、難しいと思いますが、平成27年10月以降に消費税10%になる時期に、受給資格期間が25年から10年に短縮になる予定がありますので、10年に短縮になるまで待つという方法があります。あとは年金の記録が見つかってもらえるようになったという例もなくはありませんので、一度念のため年金相談をしてみるという方法もあります。

 

Q、現在63歳です。60歳から国民年金の任意加入をしていますが、2年以内に未納期間があります。今から納付することはできますか?

 

A、任意加入をしていて未納であれば、2年以内の分は納付が可能です。

 

Q、現在71歳です。65歳の時に老齢基礎年金の繰下げを希望したのですが、70歳から受給する手続きをするのを忘れてしまったのですが、今からでも間に合いますか?

 

A、平成26年8月30日に手続きをすると、平成26年5月分から繰下げをした年金が受給できます。

 

Q、昭和29年7月30日生まれ女性です。厚生年金加入期間が10月だけあり、あとは国民年金第1号期間が300月あります(すべて納付しています)。年金は何歳から受給できますか?

 

A、特別支給の老齢厚生年金は厚生年金加入期間が1年以上で受給資格期間を満たしていることというのが条件なので、受給開始年齢は65歳からとなります。厚生年金加入期間が12月であれば、60歳から特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分が受給できます。ただし、老齢基礎年金を繰上げ受給するのであれば、60歳から減額された老齢基礎年金が受給できます。ただし、老齢基礎年金を繰上げ受給すると、減額したままの年金が一生涯続いたり、一度繰上げをしたら取消ができなかったり、いろいろなデメリットもありますので、よく考えてから手続きをしてください。

 

Q、年金受給者です。67歳です。8月15日の年金の振り込みの時に介護保険料が年金から引かれていましたが、年金は6月分と7月分だけど、介護保険料は何月分と何月分なんですか?

 

A、8月に引かれている介護保険料は8月分と9月分です。

 

Q、現在68歳です。年金から引かれている国民年金保険料を年金から勝手に引かれるのは困るんです。どうにかなりませんか?

 

A、年金から特別徴収されている国民年金保険料については市区町村から情報をいただいて、年金から引かれていますので、お住まいの市区町村役場にご相談ください。ただし、介護保険料については年金から引かないでほしいといわれても変更することはできないようです。

 

国民年金制度の沿革

 

国民年金法は、自営業者や農林水産業従業者などといった厚生年金保険などの被用者年金制度に加入していない者を対象として昭和34年に制定された公的年金制度であり、同年11月1日から同日において70歳を超えている者などを対象に無拠出制(全額税負担)の福祉年金を支給する制度が設けられ、次いで、昭和36年4月1日からは拠出制国民年金の給付が開始され、ここに我が国の国民皆年金体制が確立した。また、これに併せて、複数の公的年金制度の加入期間を通算して年金を支給する通算年金制度も実施された。

 

基礎年金番号の導入

 

昭和60年には、国民年金を含めた公的年金制度の抜本的な改正が行われ、これまで各公的年金制度が独自に支給していた基礎的な給付部分を国民年金に統合することで、就業構造や産業構造の変化に影響されない長期に安定した制度を構築し、また、これまで任意加入であった専業主婦を強制加入にすることで婦人の年金権を確立することなどを目的に、昭和61年4月から全国民共通の基礎年金を支給する制度に公的年金制尾が再編集された。

 

これにより、国民年金制度は、厚生年金保険・共済組合など被用者年金制度に加入していない自営業者等のほか、被用者年金制度の加入者とその加入者に扶養されている配偶者も国民年金の被保険者となることになった。したがって、被用者年金制度の加入者は、厚生年金保険または共済組合と国民年金にも加入することになり、同時に2つの年金制度に加入していることになる。

 

Q、私、昭和44年に主人と結婚して、保険証でずっと扶養だったんです。それなのに、年金記録が昭和61年3月まで空白になっているんだけど、扶養の期間は第3号なんじゃないの?

 

A、第3号というサラリーマンの妻などが加入できる年金制度が始まったのは昭和61年4月からです。それ以前の扶養の期間は任意加入の期間でした。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

現在年金受給していませんが、年金を受給したいんですけど。。こういうケースの場合、年金受給できますか? 関連ページ

年金事務所ってどこにあるの?
生活保護を受けていると国民年金は免除になるか?
学生が国民年金保険料を猶予する場合の手続き方法は?
高年齢雇用継続給付金が支給されると、在職老齢年金はどうなるの?
高年齢雇用継続給付金が支給されると、在職老齢年金はどうなるの?
年金ってクレジットカード払いできるの?
年金って受けられる年齢になったらすぐにもらえるの?
定年後、ゆっくり休んでから失業給付がもらえるの?
共働きの勤続20年はどちらか一方がやめたほうが得?
年金手続 成年後見人は成年後見人用の届出ができる
年金に関するよくある質問
遺族年金に関するよくある質問
65歳になったときの年金請求手続き
住民票コードにより本人確認が可能な場合、住所変更届は省略できるけど、氏名変更届は省略できますか?
65歳からの障害基礎年金と老齢厚生年金の併給について
10月に振込通知書が届きました。急に介護保険料、国民健康保険料(後期高齢者医療保険料)、住民税が高くなりました。どうしてですか?
確定申告に使う年金受給者の源泉徴収票は12月ではなく毎年1月中旬から下旬に届きます
振込通知書が届いたけど税金が2万円ぐらい上がった。どうして?

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運