遺族厚生年金等|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

遺族厚生年金等

 

死亡者の要件

 

被保険者等要件

 

遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であった者が次の短期要件(@〜B)または長期要件(C)のいずれかに該当する場合に、一定の要件を満たすその者の遺族に支給されます。

 

ただし、短期要件の1または2に該当する場合にあっては、死亡した者が、次の2で述べる保険料納付要件を満たしていなければなりません。

 

短期要件

 

@被保険者(失踪の宣言を受けた被保険者であった者であって、行方不明となった当時被保険者であったものを含む。)が、死亡したとき

 

A被保険者であった者が、被保険者の資格を喪失した後に、被保険者であった間に初診日がある傷病により当該初診日から起算して5年を経過する日前に死亡したとき

 

B障害等級1級又は2級の障害厚生年金の受給権者が死亡したとき

 

長期要件

 

C老齢厚生年金の受給権者又は老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている者が、死亡したとき

 

被保険者等要件のうち、短期加入者が死亡した場合に該当する要件を短期要件といい、長期加入者が死亡した場合に該当する要件を長期要件と呼んでいる。

 

保険料納付要件

 

原則的な保険料納付要件

 

前期の@Aに係る者については、原則として、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者期間があるときは、その被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間がその被保険者期間の3分の2以上でなければなりません。

 

障害年金の保険料納付要件との違いは?

 

障害年金と遺族年金における保険料納付要件は、判定日が異なる(障害年金が「初診日」の前日で判定するのに対し、遺族年金は「死亡日」の前日で判定する)。

 

老齢厚生年金の受給権者が行方不明になり、その後失踪の宣言を受けた場合で、遺族厚生年金を支給する際には、当該失踪者が行方不明になった当時の保険料納付要件は問われない(保険料納付要件が問われるのは、被保険者が行方不明になった場合である)。

 

保険料納付要件の経過装置

 

平成28年4月1日前に死亡した場合については、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの1年間(当該死亡日において国民年金の被保険者でなかった者については、死亡日の属する月の前々月以前の直近の国民年金の被保険者期間に係る月までの1年間)に保険料納付済期間及び保険料免除期間以外の期間(滞納期間)がなければ、保険料納付要件は満たされたものとされます。

 

ただし、死亡日において65歳以上である者には、この経過措置は適用されません。

 

 

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運