中高齢寡婦加算等|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

中高齢寡婦加算等

 

遺族基礎年金は子のない妻に支給されません。これを補うために、子のない妻に支給する遺族厚生年金については、65歳に達するまでの間、中高齢寡婦加算を行う仕組みになっています。

 

また、40歳に達した当時子がいるため遺族基礎年金を受給していた妻についても、子の18歳到達年度の末日が終了するなどして当該遺族基礎年金が支給されなくなったときは、そのときから65歳に達するまでの間、同様の加算が行われます。

 

中高齢寡婦加算

 

支給要件

 

遺族厚生年金{長期要件に該当することにより支給されるものであって、その額の計算の基礎となる被保険者期間の月数が240未満(中高齢者の特例の適用があります。)であるものを除く}の受給権者である妻が、次のいずれかの要件を満たす場合には、当該妻が65歳未満である間(夫の死亡について、遺族基礎年金の支給を受けることができる期間を除きます。)において、当該遺族厚生年金に中高齢寡婦加算が行われます。

 

@受給権を取得した(夫の死亡)当時に子(遺族基礎年金の支給を受けることができる遺族の範囲に属する子をいう。以下Aにおいて同じ。)がない(したがって、遺族基礎年金の支給を受けることができない)場合は、その当時40歳以上65歳未満であったこと

 

A受給権取得当時に子がある(したがって、遺族基礎年金の支給を受けることができる)場合は、妻が40歳に達した当時に、子(被保険者等の死亡後、妻に支給される遺族基礎年金の減額改定事由のいずれかに該当したことがある者を除く)と生計を同じくしていること

 

短期要件に該当するときは、被保険者期間が240月なくても、中高齢寡婦加算が行われる。

 

支給額

 

遺族厚生年金に加算される中高齢寡婦加算額は、生年月日等にかかわらず、原則として、一律に780900円×改定率×3/4となります。

 

支給期間

 

@受給権取得(夫の死亡)当時に子がない場合には、受給権を取得したときから受給権者が65歳に達するまでの間支給されます。

 

A受給権取得(夫の死亡)当時に子がいる場合には、遺族基礎年金が支給されなくなったときから受給権者が65歳に達するまでの間支給されます。

 

経過的寡婦加算

 

遺族厚生年金{長期要件に該当することにより支給されるものであって、その額の計算の基礎となる被保険者期間の月数が240(中高齢者の特例の適用があります)未満であるものを除く}の受給権者である昭和31年4月1日以前に生まれた妻が、65歳に達したとき(65歳以後に受給権を取得したときはそのとき)からは、遺族厚生年金の額に妻の生年月日に応じた次の額が加算されます。

 

中高齢寡婦加算額-老齢基礎年金の額×妻の生年月日に応じた率

 

経過的寡婦加算は、受給権者である妻が、障害基礎年金(旧国民年金法の障害年金を含む)の受給権を有するとき(その支給を停止されているときを除く)又は当該被保険者若しくは被保険者であった者の死亡について遺族基礎年金の支給を受けることができるときは、その間、支給が停止される。

 

遺族基礎年金を受けられないときの加算

 

妻又は子に支給する遺族厚生年金の額には、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時子と生計を同じくしている妻又は子が遺族基礎年金の受給権を取得しないときは、遺族基礎年金及び子の加算額に相当する額が加算されます。

 

この事例としては、障害等級が1級、2級の障害厚生年金の受給権者が海外で国民年金に任意加入することなく死亡した場合などが該当する。

 

遺族厚生年金には、加給年金額の加算は行われない。

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運