遺族年金の基礎知識 厚生年金の夫が亡くなったとき、妻に支給される遺族給付とは?|遺族年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

遺族年金の基礎知識 厚生年金の夫が亡くなったとき、妻に支給される遺族給付とは?

 

1、遺族厚生年金
遺族厚生年金は厚生年金から支給される年金で、夫の報酬比例部分の年金から算出します。支給額は報酬比例部分の年金の4分の3に相当する額です。

 

2、中高齢寡婦加算
遺族厚生年金のなかに中高齢寡婦加算が含まれる場合と、含まれない場合があります。妻が65歳になりますと、中高齢寡婦加算に変わります。

 

3、遺族基礎年金
18歳到達年度末までの子がいますと遺族基礎年金が支給されます。なお、遺族基礎年金が支給されている間は、中高生寡婦加算は支給停止されます。

 

国民年金の夫が亡くなったとき、妻に支給される遺族給付
1、遺族基礎年金
18歳到達年度末までの子がいますと、遺族基礎年金が支給されます。
支給内容は厚生年金の夫が亡くなった時と同じです。

 

2、寡婦年金・死亡一時金
国民年金の第1号被保険者である夫が亡くなりますと、寡婦年金または死亡一時金が支給されます。なお、遺族厚生年金と寡婦年金はどちらか1つで、併給はできません。

 

妻に支給される遺族給付
1、自営業(国民年金)の夫が亡くなった時
18歳到達年度末までの子がいる妻→遺族基礎年金
子のいない妻→死亡一時金または寡婦年金

 

サラリーマン(厚生年金)の夫が亡くなった時
18歳到達年度末までの子がいる妻→遺族基礎年金と遺族厚生年金
子のいない妻(40歳未満)→遺族厚生年金
子のいない妻(40歳から64歳)→中高齢寡婦加算、遺族厚生年金
共済年金の夫が亡くなった時は、厚生年金の夫が亡くなった時と同じです。

 

遺族厚生年金の支給順位は決まっている
第1順位 配偶者、子 1、子、孫は18歳到達年度末までの子、身障者は20歳未満
第2順位 両親 2、夫、両親、祖父母は55歳以上
第3順位 孫 ただし、支給は60歳から
第4順位 祖父母 3、配偶者は内縁でもよい

 

夫死亡時に30歳未満の妻の遺族給付

 

平成19年4月1日以降に遺族厚生年金の受給権を取得した、夫死亡時に30歳未満の妻は5年間遺族厚生年金受けられます。

 

子がいない30歳未満の妻の場合
夫死亡時に30歳未満で子のいない妻が受給する遺族厚生年金は、遺族厚生年金の受給権が発生した日から5年を経過したときに受給権が消滅します。

 

子のいる30歳未満の妻の場合
夫死亡時に30歳未満で子のいる妻には、遺族基礎年金が受給できるとともに、遺族厚生年金が受けられます。ただし30歳未満で遺族基礎年金の受給権が消滅する場合は、消滅した日から5年を経過したときに遺族厚生年金の受給権も消滅します。

 

子とは18歳到達年度末までの子か20歳未満で1級・2級の障害のある子をいいます。





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運