遺族基礎年金の遺族の範囲|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

遺族基礎年金の遺族の範囲

 

遺族基礎年金を受けることができる配偶者又は子は、被保険者又は被保険者であった者の配偶者又は子であって、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し、かつ、次の要件に該当したものとなります。

 

1、配偶者については、次の2の要件に該当する子と生計を同じくしていること

 

2、子については、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるか又は20歳未満であって障害等級に該当する障害の状態にあり、かつ、婚姻をしていないこと

 

妻の連れ子は遺族に含まれるか?

 

子とは、法律上の子(嫡出子、養子縁組した子または認知した子)をいう。死亡した被保険者等と養子縁組を行っていない事実上の子は、遺族に含まれません。

 

生計維持の条件は?

 

被保険者等の死亡当時、その者と生計を同一にしており、年収850万円・年間所得655万5000円以上の収入が将来にわたって得られないことが認められる必要があります。

 

死亡当時850万円未満で、遺族基礎年金を受給し始めてからあとで850万円以上になったとしても受給が取り消されることはありません。

 

遺族基礎年金を20歳まで受給できる子には、遺族基礎年金の受給権発生後、18歳の年度末までの間に障害等級に該当する障害の状態になった子も含まれます。

 

遺族が配偶者と子1人であり、その子が18歳の年度末までの間にある子であっても、子が既婚者であれば、子は受給権者にはなりません。

 

この場合の配偶者についても、「子のある配偶者」とはいえないので、同じく受給権者になれません。

 

胎児が生まれたときの遺族基礎年金の取扱い

 

被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時胎児であった子が生まれたときは、その子は、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時その子と生計を同じくしていたものとみなし、将来に向かって、当該配偶者及び子に遺族基礎年金の受給権を発生させる扱いになっています。

 

遺族基礎年金の年金額

 

子のある配偶者に支給される場合

 

子のある配偶者に支給される遺族基礎年金の額は、原則として、基本年金額に子の加算額を加算した額になります。

 

基本年金額は780,900円×改定率
平成26年4月現在は772800円

 

子の加算額は1人目と2人目の子は1人につき、224,700円×改定率

 

3人目以降の子の加算額は1人につき、74,900円×改定率

 

 

 





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運