障害基礎年金 加算額の改定|年金について学ぶなら役に立つ年金知識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

障害基礎年金 加算額の改定

 

障害基礎年金 増額改定

 

受給権者がその権利を取得した日の翌日以降にその者によって生計を維持しているその者の子(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子及び20歳未満であって障害等級に該当する障害の状態にある子に限る。)を有するに至ったことにより、子の加算が行われることとなったときは、当該子を有するに至った月の翌月から障害基礎年金の額が改定されます。

 

障害基礎年金 減額改定

 

子の加算額が加算された障害基礎年金については、子が次のいずれかに該当するに至った時は、その該当するに至った日の属する月の翌月から、その該当するに至った子の数に応じて年金額が改定されます。

 

1.死亡したとき
2.受給権者による生計維持の状態がやんだとき
3.婚姻したとき
4.受給権者の配偶者以外の者の養子となったとき
5.離縁によって、受給権者の子でなくなったとき
6.18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき。ただし、障害等級に該当する障害の状態にあるときを除く。
7.障害等級に該当する障害の状態にある子について、その事情がやんだとき。ただし、その子が18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるときを除く
8.20歳に達したとき

 

支給停止

 

障害補償による支給停止

 

障害基礎年金は、その受給権者が当該傷病による障害について、労働基準法の規定による障害補償を受けることができるときは、6年間支給停止されます。

 

労災保険の障害(補償)年金が支給されるときは障害基礎年金は全額支給され、労災保険の側の年金が調整される。

 

障害の程度による支給停止

 

障害基礎年金は、受給権者が障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなくなったときは、その障害の状態に該当しなくなったときは、その間は支給が停止されます。

 

ただし、その支給を停止された障害基礎年金の受給権者が、その後傷病(その傷病の初診日において被保険者等要件を、その前日において保険料納付要件をそれぞれ満たしている必要があります。)にかかり、その傷病によりその他障害の状態にあり、かつ、当該傷病にかかる障害認定日以後65歳に達する日の前日までの間において、当該障害基礎年金の支給事由となった障害とその他障害とを併合した障害の程度が障害等級に該当するに至った時は、支給停止は解除されます。

 

障害基礎年金不該当で支給停止となる→その他障害と併合して1.2級の障害状態に該当する→障害基礎年金支給

 

法30条の4の規定による障害基礎年金の支給停止

 

併給等による支給停止

 

受給権者が次のいずれかに該当するときは、原則として該当する期間、支給停止されます。

 

1、恩給法に基づく年金給付(増加恩給、公務扶助料等の給付であって、障害又は死亡を事由として大尉以下の旧軍人又はその遺族に支給されるものを除く。)、労働者災害補償保険法の規定による年金給付など政令で定める年金給付を受けることができるとき

 

2、刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されているとき

 

3、少年院その他これに準ずる施設に収容されているとき

 

4、日本国内に住所を有しないとき

 

所得による支給停止

 

受給権者の前年の所得が、政令で定める額を超えるときは、その年の8月から翌年の7月まで、その全部又は2分の1(子の加算額が加算された障害基礎年金にあっては、その額から加算額を控除した額の2分の1)に相当する部分の支給が停止されます。

 

所得による支給停止は本人のみの所得に基づいて行われる。

 

未決拘留者については障害基礎年金は支給停止されない

 

障害基礎年金の失権

 

障害基礎年金の受給権は、受給権者が併合認定により、前後の障害を併合した障害の程度による障害基礎年金を取得したときに消滅(失権)するほか、死亡したとき、または1もしくは2のいずれか遅い方が到来したときにも消滅(失権)します。

 

1、厚生年金保険法に規定する障害等級(1級、2級、3級)に該当する程度の障害状態にない者が、65歳に達したとき失権します。ただし、65歳に達した日において、同法に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなくなった日から起算して同法に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態に該当することなく3年を経過していないときを除く。

 

2、厚生年金保険法に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなくなった日から起算して同法に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態に該当することなく3年を経過したときは失権します。ただし、3年を経過した日において、当該受給権者が65歳未満である時を除く。

 

65歳より前に障害等級1から3級に不該当→65歳で失権
65歳以降に障害等級1から3級に不該当→3年後に失権

 

障害基礎年金の失権事由
1、併合認定
2、死亡
3、65歳到達
4、1から3級不該当後3年経過





>> 役に立つ年金知識 HOMEへ
Subscribe with livedoor Reader

HOME プロフィール お問い合わせ What's New? サイトマップ パワースポットで開運